--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.01 01:20|未分類
あけましておめでとうございます
ちなみにロシアはまだ2012年です。笑


更新しなきゃしなきゃと思いつつ、気付いたら大晦日!!なんとかロシア時間の12年内に書きおさめねばと、ゆっくり振り返りたいところを、現在急いで編集中です。
外はすでに打ち上げ花火がぼんぼんあがってます

9月にロシアに来てから、あっという間の4か月でした。11月の1日から、毎日どの練習室でどの時間練習したかとか、レッスンで見てもらった曲、夜誰と集まった等メモ程度に残しているのですが、この先も続けられたらいいなとたまに振り返っています。
先月はメンタル的にとても落ち込んで?苦悩していてなかなかつらい時期でした。多分天気のせいでもある。。
今月に入ってからは、少し抜け出せて?もともとイベントの多い月なのもあって、クリスマスの準備や誕生日などいかに日々の暮らしを充実させるかにこだわっていました。
ロシア正教はカトリックとは違い、1月7日がクリスマスで、元旦もクリスマスみたいな感じで、12月半ばから年明けまでずっとツリーや飾りがあって、やたら長いこと盛り上がってる感じです。
私は日本流?に日本人の友人と24日にごちそうを作りました
xmas dinner
 サービングスタンドはこの先も活用できると思ってどうしても欲しくてIKEAで購入。というかここに写ってる器やカトラリー、グラスも友人とIKEAで買ったものばかり。。
料理も動物のデコクッキーも、その他お菓子も全部手作りです

誕生日にはミニビチェリンカ(パーティー)?をしました。同じ寮に住んでいてバレエ団で踊っている日本人の麻衣さんという方もなんと同じ誕生日で、一緒にお祝いしましたBirthdaydinner.jpg

はるこさんが作ってくれたのり巻き、手前はビーガンの友人用に準備した具でこれもはるこさんが巻いてくれました友人が持ってきてくれたビーガンクッキーもあります!あと奥のパエリヤを作ってみたのですが、なんだか美味しくできてびっくり。。ここには写ってないけど、サングリアも自家製で作りました

cakes.jpgapricotcake.jpg


これも作ってもらった美味しすぎるショートケーキと、私が焼いた豆乳入りビーガンあんずケーキ
日々の料理は練習時間が不規則なのもあり適当になりがちですが、凝るときは買い物から徹底的にこだわったりしてます。

寮という場所柄、みんな料理を作って集まったりしていて、にぎやかな夜が多いです。
ちなみに昨日はお正月料理を作りました
明日が楽しみ!

なんかいきなり更新されたかと思いきや料理ブログみたいになってますが、今日も日中は黙々と練習してましたよ。秋から新しく始めたレパートリーをおさらいしたりしてたのですが、まだまだであることを実感した大晦日なのでした。。

最後になりましたが今年の抱負!

両親や先生方、友人など、日々おろそかになりがちな周りへの感謝の気持ちを忘れない
日々の練習の質を高める。
ロシア語を大いにレベルアップさせる。
怖がらず、自分を信じて外へ向かう。
健康、美を追求(←?)。
ブログをマメに更新する。

あげるときりがないので、今思いついたものだけ。
実はもうすぐ日本です

はるこさん、ほしみちゃん写真どうもありがとう

スポンサーサイト
2012.11.05 21:44|未分類
前回の8月のリサイタルの記事より大変ご無沙汰してしまいました。

sky

gardenofsummer



報告が遅くなってしまいましたが、9月よりロシアはサンクトペテルブルグに留学しています。
今日でちょうどこちらに来て2か月経ちました。
2か月があっという間だったという気はあまりしていないのですが、あと2か月弱で2012年が終わるというのには驚きです。
去年初めてこの地に偵察に訪れたのもちょうど今くらいでした。その時の事も結局ブログ書かず仕舞いというダメブログっぷり。。

モスクワ音楽院は言わずと知れた有名校で、日本人留学生の方や有名な教授陣がたくさんいらっしゃる一方、サンクトペテルブルグ音楽院は日本人留学生は本当に少なく規模もモスクワに比べこぢんまりとしています。でも、チャイコフスキーが第一期生というだけでなく、アレンスキーにショスタコにプロコにラフマといった偉大な作曲家たちが通った古い名門であることはあまり知られていないと思います。
ラフマに関しては、この音楽院で力を発揮できていたわけではありませんが。。
チャイコフスキーはここを卒業して、モスクワ音楽院の設立に際し教授として迎えられたという経緯を持ちます。(サンクトぺテルグ音楽院は、リムスキーコルサコフの名前を冠しており、モスクワ音楽院はチャイコフスキーの名前を冠しています。)

今、とにかく何がって「ロシア語」。これに尽きます。日本で一応少し勉強していたとはいえ、この地で英語をしゃべれる人は稀なので(若い学生や、観光客相手の仕事の人たちは話せますが、スーパーや公共機関や、そういう日々の生活に関わる重要な場所では通じません。)早くたくさんしゃべれる&理解できるようになりたいと常日頃奮闘してます。レッスンももちろんロシア語ですが、これは何とかなってます。
入学手続きに関しての諸々の煩雑な作業や、私のロシア語のレベルではとても対応しきれない事等は、こちらに長く住んでるヴァイオリニストの留学生の方に助けてもらって、本当に感謝しています。
彼女は5年も住んでいるだけあってロシア語がペラペラな上、とても料理が上手なので私の目標です!

住居は外国人寮で、とても説明するのが難しいのですが、大人数で共同のキッチンやシャワーを使う部屋ではなく、クヴァルチーラと呼ばれる、部屋の中にキッチンとシャワーとトイレがあり、それを3人で共有して使う寮の中では一番静かで落ち着いた部屋に中国人のソプラノの人と住んでいます。
最初に住んだ部屋からこれで3部屋目ですが、物が少ない今の時期に引っ越せてよかったです。。

以前の部屋も中国人の別のソプラノの子と同居だったのですが、2人部屋にしてはあまりに小さく通りからの振動もすごかったのです。ただ前の部屋にあったアップライトは、今の部屋の調律してもすぐにすべて半音下がるかわいそうなピアノよりは使えるピアノだったので、部屋でずっと練習していたのですが、今は毎朝早く起きて練習室の予約のくじびきに集まって、練習室を取って練習してます。
2時間単位なので(8:00~24:00)、うまくいけば合計8時間、予定が無い日であれば大体6時間は取れるのでその時間は水筒持ち込んでさらっています。
ただこの予約システムもよく変わるみたいなので、貼り紙を見逃したり、うっかり予約した時間を10分過ぎるとキャンセルになってしまうし、まだ慣れてない私にとっては気が抜けません。
何より、朝絶対寝坊できないという恐怖感からか、変な夢とか明け方何回も起きたりというのが最近のパターン。。

レッスンは週2回なので、常にたくさん譜読みをしつつレッスンに何を持っていくか考えるのも意外と大変で、甘いものが無いと脳が活動を停止してしまいます! いや、もともと甘いもの大好きですが、この国は美味しい甘いものがたくさんあるのでいやはや危険。。

気候は少し前にかなり雪が降ったりひどく寒かったですが、今は少し落ち着いてます。とにかく雨が多い街なので本当に気持ちがどんよりしがちですが(ロシア人でも)、これも慣れるしかない!と思ってます。
さっそく携帯をトイレに落としてしまったため、加えてカメラを持ってきて無いので私が撮った写真は無いのですが、頂いた写真をアップしました。
すでに素晴らしいコンサートにいくつも出会えたのですが、また追々書きます。(ちゃんと書かなきゃ。。)
そんな訳で、なんとかやっています!という報告でした

Neva_convert_20121105223036.jpg
2012.08.24 13:14|未分類
とても暑かった8/22、無事上大岡でのソロリサイタルが終演致しました
まずは、お越し下さったたくさんのお客様に感謝申し上げます

恩師や、先生方、友人や後輩、語学仲間だけでなく、両親の知人や、久しく会っていなかった親戚や、ちびの頃マンションでお世話になったたくさんの幼馴染のお母様方などに聴きに来て頂き、本当にうれしかったです!

たくさんのお花とプレゼント、どうもありがとうございました
記念に写真を撮りました!今我が家はにわか花屋さんになってます。

528054_3966216308860_694339009_n_convert_20120824130331[1]

今回、スタッフをお願いした先輩夫婦と後輩、同級生とたくさん協力してくれた両親にも感謝しています。
完全自主企画だったので、当日まで演奏以外の準備も忙しく大変でしたが、手厚いフォローをしてくれる周りの方々のお力があったおかげで、無事終演を迎えられることができたと思っています。

先月は怒涛の演奏会ラッシュだったことや、新曲ばかりのかなり意欲的なプログラムを組んだこともあり、心が折れそうになることはしょっしゅうでした。それに、毎日必死に練習をすればするほど見えてくる課題もあり、さらってもさらっても不安は尽きないものだなぁと実感する日々でもありました。
でも常に何かに挑戦し続けることによってのみ得られるいくらばかりかの「自信」を積み重ねていくことによって、将来の自分の助けになるのではと思っていつも自分を奮い立たせています。(もちろん、周りからも励まして頂いています。)
バッハからラフマニノフまで、自分の大好きな曲を詰め込んだ今回のリサイタル、たくさんの反省点や今後の課題はありますが、プラスなポイントもちゃんとあったので、これからも地道に勉強を続けていきます!

この日が終わり、もうまもなく来たるロシアでの留学準備に追われて、早くも息切れ気味です
リサイタル終わるまで何も手をつけていなかったもので。。
でも、会う約束をしてる友人や、お世話になってる方たちがたくさんいるので、毎日精力的に動きます!
今日は、病院のはしご(3つ)をしてきました おじいちゃんおばあちゃんの気分。笑 
内科の先生や、薬剤師さんにまで応援されてきたので頑張らねば!

最後に、当日急遽カメラマンをしてくれた後輩が撮ってくれた素敵な写真を
あまりにも大きいですが、サイズ変更を省かせて頂きました

556438_388359227896637_1752880663_n_20120824212512.jpg

528084_388360381229855_887936622_n.jpg

523386_388363237896236_1859593989_n.jpg

378740_388359687896591_1938402768_n.jpg

488387_398289363559344_1530818885_n.jpg
2012.05.01 09:55|未分類

ご無沙汰しております!(これがもはやブログの決まり文句?・・・)

冴えない天気の続くゴールデンウィークですね。
毎年ゴールデンウィーク中に開催されるラ・フォル・ジュルネ音楽祭に、ちょこっと出演するので、そのお知らせです

もうすでに、丸ビルやオアゾなどでのエリアコンサートは始まっていますが、開幕初日の3日、東京国際フォーラム前の地上広場において、13:10~13:30の20分間演奏します

ハートなんぞ挿入してますが、数年ぶりに弾くレパートリーをここのところ必死でさらっており、肩や鎖骨がばきばきいってます。。。。

詳しい情報はこちら↓
LFJ

私の次の枠には同級生が、その後博士の先輩等が演奏予定です。
雨よ、降らないでおくれ。

楽しく弾けるといいなー♪
2012.04.06 23:26|未分類
先月26日、芸大大学院の修了式でした。
母の着物を着ました。

041_convert_20120406231900[1]

修士課程の3年間は、長かったのか短かったのかよくわかりませんが、自分の方向性がはっきりした貴重な3年間でした。

そして実は、再び芸大の博士後期課程に進学することになりました。
4月5日の入学式は、とても印象深いいい式でした。

申込間際までかなり悩みましたが、後悔したくない、もっと研究を掘り下げたいとの思いから受験しました。
学位審査後、日もあまり無い中、精神的に苦しみながらも精一杯頑張った甲斐がありました。

これから気持ちも新たに、引き続き勉強を続けられることに感謝しながら頑張ります!

博士入試の時の事など、また書きたいと思います。

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
演奏会予定

  クロイツァー賞受賞者による演奏会 2012年7月4日(水) 19:00開演(18:30開場) @津田ホール 一般3,500円 KMF会員 3,000円 (全自由席) 出演 宮岡 緑、竹中千絵、増田桃香 ―終了しました― ♪7月7日(木)        「偉大なる芸術家の想い出」   ―ロシアが生んだ美しき系譜―       ピアノトリオリサイタル     サルビアホール(横浜市鶴見区民文化センター)  19:00開演  一般:2500円        学生:2000円                 

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加しています。ぽちっと応援してください♪

FC2Blog Ranking

プロフィール

Momoka Masuda

Author:Momoka Masuda
増田桃香
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程を首席修了。クロイツァー賞、大学院アカンサス賞を受賞、現在同大学院音楽研究科博士後期課程一年に在籍中。

1986年生。横浜市出身。
99年、第15回かながわ音楽コンクールユースピアノ部門総合第1位。故佐藤功太郎指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。
00年、第1回ショパン国際ピアノコンクールin Asiaにおいて銅賞。
05年、ウィーンにおいてシフラ財団主催の演奏会に出演。
また、Vienna International Pianists Academy においてシフラ賞受賞。
イェルク・デームスの講習会に参加し、ザルツブルク・ミラベル宮殿での演奏会に出演。
06年、および08年に、ウィーンにおいてリサイタルを開催。
07年、第23回かながわ音楽コンクールシニアピアノ部門第1位、併せて中田喜直賞を受賞。
小田野宏之指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。(ベートーヴェン:協奏曲第5番「皇帝」)
08年、フレッシュ・アーティスツfromヨコスカに推挙され、横須賀芸術劇場においてリサイタルを開催。
09年、皇居内桃華楽堂において、ピアノ伴奏にて御前演奏の機会を賜り、演奏。
第21回宝塚ベガ音楽コンクールにおいて第4位、併せて会場審査員特別賞を受賞。
第7回ロシアン・ピアノスクールin東京を受講し、セルゲイ・ドレンスキー、アンドレイ・ピサレフ、パーヴェル・ネルセシアン各氏に師事。受講者選抜演奏会出演賞を受賞。
10年、宝塚市文化振興財団の主催により、宝塚ベガホールにおいてリサイタルを開催。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メッセージ

レッスンや演奏依頼、及び演奏会のチケットお問い合わせはこちらからどうぞ✈

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
17564位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
937位
アクセスランキングを見る>>

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。